ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゾンビーノ
映画「ゾンビーノ」感想



孤独な少年は稀に人ならざるものと友情を育んでしまうこともある。
それは、
動物だったり、
ロボットだったり、
エイリアン、
見えないモノだったりしますが、
今回この映画ではゾンビと仲良くなってしまったよ?という内容でした。


ファッションや町並みが50?年代風でかわいいのですがその中にゾンビがいるって言う、なんともシュール。
家の中はちょっとジャポニズムが匂っていて何だか嬉しいです。

そんなに大笑いするものでもないのですが面白かったですね。
車を洗車中にお母さんとファイドが見詰め合うシーンでスローを使われてしまい吹いてしまいました。

子供を始末する時に火を放つ場面も
躊躇がなくて面白かったですね^^

スポンサーサイト
処刑山
映画「処刑山」感想



これは、また、新しいタイプのゾンビですね


あらすじ↓
雪と氷とヴァイキングの国、ノルウェイから”ノルディックホラー”が本邦初登場!ナチスゾムビの虐殺戮劇!

海に行けばよかった・・・



とにかくスゲーっす
臓物が、ゾンビの臓物って丈夫なんですねって感心致したしだいです。
あんなこと普通思いつかないです。
崖から落ちるシーンで臓物で助かるなんて、
やっぱり、もと軍隊にいたからなのか武器の扱い方がわかっているようで
ばったばったとゾンビをなぎ倒していきます。
なんだか笑えます。
…手榴弾って何処にあったんでしょうね??
マシンガンはあんまり役に立っていないようでしたが
それに、ゾンビもカメラっていう物をよく理解しているように思われます。
四肢を引きちぎるシーンでは、よーく見えるように皆さんいい配置考えて見せつけてくださいました。
ありがとうございます。
チェーンソー(だったかな?)で手を取るシーンは驚きでした。
股間までは切り落とせなかったようなのですね。
あ、ゾンビ叫びました。
あれ、木にぶつかっただけで臓物が出てる…そこまでして…臓物を出したいようですね
もう、面白くてしょうがなかったです。

ゾンビ映画で笑って楽しみたい方にお勧めです。
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

先週の土曜日観に行きました。

なんと
初3D映画
遅くなったけどやっと見ました。
っていうか、映画館についてはじめて気がつきました。

えぇ!!普通の映画じゃないの!!?

なぜなら、わたくし、メガネっ子なのです。
コンタクトレンズは持っていないのですよ!

メガネonメガネです。

疲れました。
長かった。
肩が懲りました。
ずっと手で3Dメガネを持っていました

メガネの枠に引っ掛けようとしたのですが3Dメガネが重くて直ぐずれるんですよ

あと、それほど立体的に見れませんでした。
あぁ、それとまた、ポップコーンをまかしました。
映画館のスタッフさんゴメンなさい。

それで、映画なのですが

「デッドマンズチェスト」「ワールド・エンド」に比べれば面白かったですが
アクションシーンは面白くはなかったです。

人魚というファンタジーな生き物は大好きで島に上陸してからは面白かったです。


ペネロペ・クルスなのだがキーラ・ナイトレイほど魅せてはくれなかった。
勿論、美人なのだがキャラクターが弱いです。

おなじみの登場人物は最高ですな、大好きです。

勿論ジャックも

でも、今回はキャプテンぽいこと全然してなかったですね
ブラックパール号がないから仕方がないけど
ハンコック
映画「ハンコック」感想



テレビにて鑑賞





初っ端から…!!

昔から言われていたことだよね

スーパーマンとヤったら!?

ヤったらとんでもない事になった感じですね




アル中のヒーローで社会不適合な感じで
刑務所まで入ってる!!

結構新鮮です。
面白いですね。
面白い、爪でガラスをくり貫くなんて
出入り自由…戻ってきたけどね

プロデューサーまでいる。

銀行強盗のところで
手で銃弾を弾き飛ばしているところはいいね
女性を扱うところも慎重。
「よくやった」を連呼しているところがかわいい
ホロリときた。



いきなりの展開で驚きましたね

シャーリーズセロンの方がスゲー
天候まで操っている



病院でのシーン
一刻も早く
セロンから離れようとするハンコックにぐっと来た
序盤のテンポで進むのかな
と思っていましたら
こんな切ない終盤がくるとは…

でも、ちょっと終盤は急ぎすぎた感があって残念。
ヒーローに大事な敵役もいなかったので
いたにはいたけど、あれじゃあ…





ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー
映画「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」感想


DVDにて鑑賞

「ストリートファイター」という映画は見た事はありますが
かなり昔なので内容は覚えていないです。
ゲームもした事がないです
(家庭用ゲーム機器がないからね)
ゲームファンじゃないです

何で借りたのかっていうとレンタル店で面白そうなポップが書いてあったから…
アクション好きだし
パッケージ見る限り主人公可愛いし

まず、見終わって。。。
アクションシーンが少ない気がする。
うん、適度なのかもしれないけど
物足りない。
あと、銃の乱射シーンがあってビックリ
拳で闘いなよ
仮面の男とノ対決シーンもしょぼかった。

それと、修行シーンで気の玉をつくっていた気がしましたが
ラスボスの時に使っていませんでしたね
師匠の怪我をその気の玉で治すとか出来ないのかな
勿論、とどめとかに使わなくてもいいので
せめて、一発、発射させてくれないかなぁ…

あぁ、あと、お父様がお亡くなりになったとき冷静すぎです
修行の賜物ですね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。