ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

先週の土曜日観に行きました。

なんと
初3D映画
遅くなったけどやっと見ました。
っていうか、映画館についてはじめて気がつきました。

えぇ!!普通の映画じゃないの!!?

なぜなら、わたくし、メガネっ子なのです。
コンタクトレンズは持っていないのですよ!

メガネonメガネです。

疲れました。
長かった。
肩が懲りました。
ずっと手で3Dメガネを持っていました

メガネの枠に引っ掛けようとしたのですが3Dメガネが重くて直ぐずれるんですよ

あと、それほど立体的に見れませんでした。
あぁ、それとまた、ポップコーンをまかしました。
映画館のスタッフさんゴメンなさい。

それで、映画なのですが

「デッドマンズチェスト」「ワールド・エンド」に比べれば面白かったですが
アクションシーンは面白くはなかったです。

人魚というファンタジーな生き物は大好きで島に上陸してからは面白かったです。


ペネロペ・クルスなのだがキーラ・ナイトレイほど魅せてはくれなかった。
勿論、美人なのだがキャラクターが弱いです。

おなじみの登場人物は最高ですな、大好きです。

勿論ジャックも

でも、今回はキャプテンぽいこと全然してなかったですね
ブラックパール号がないから仕方がないけど
スポンサーサイト
ハンコック
映画「ハンコック」感想



テレビにて鑑賞





初っ端から…!!

昔から言われていたことだよね

スーパーマンとヤったら!?

ヤったらとんでもない事になった感じですね




アル中のヒーローで社会不適合な感じで
刑務所まで入ってる!!

結構新鮮です。
面白いですね。
面白い、爪でガラスをくり貫くなんて
出入り自由…戻ってきたけどね

プロデューサーまでいる。

銀行強盗のところで
手で銃弾を弾き飛ばしているところはいいね
女性を扱うところも慎重。
「よくやった」を連呼しているところがかわいい
ホロリときた。



いきなりの展開で驚きましたね

シャーリーズセロンの方がスゲー
天候まで操っている



病院でのシーン
一刻も早く
セロンから離れようとするハンコックにぐっと来た
序盤のテンポで進むのかな
と思っていましたら
こんな切ない終盤がくるとは…

でも、ちょっと終盤は急ぎすぎた感があって残念。
ヒーローに大事な敵役もいなかったので
いたにはいたけど、あれじゃあ…





ハロウィン(2007)
映画「ハロウィン」感想


あらすじ↓
友人もなく、家庭でも愛されず、孤独に苦しみ続けた少年マイケルはハロウィンの夜、不気味なマスクを被って、赤ん坊の妹だけを残し、母親の恋人、姉、そしてそのボーイフレンドを惨殺してしまう。その夜からマイケルは厳重警備の精神病院に収容され、小児行動学者ルーミス医師の治療を受ける事になる。彼がマイケルの魔性を理解できる唯一の人物だったのだ。そして17年後のハロウィン―成長したマイケルが精神病院を脱出する…。




2007年 米
監督 ロブ・ゾンビ

夏だし、怖いのが見たいなって事で
DVD借りてきました。

リメイクの映画らしいけど
元になったのは見ていません

面白かったです
あらすじで書かれている部分まで

マイケル少年が怖いのです
あの表情!眼!上手いし、冷たい。

もう、不気味ですよ
不気味なんだけど…荒んだ、荒れ放題の生活の中赤ちゃん妹(ママにも)に対してだけ心を開いているのがちょっと切ない気がしてくる。完璧モンスターじゃないのがいいですね。


ラストのほうは、まぁ、ありきたりな気がして
あまり、怖くなかったです。

HACHI 約束の犬
映画「HACHI 約束の犬」感想

日本版見ました。
       忘れないよ忘れないよー♪

当時CMバンバンしていましたね
主題歌が流れるたびイライラしていました。
ウザッタイ、絶対観に行かないぞっと、思っていましたね^^


ハチが登場したときからもう心奪われていました
駅の構内を迷っているハチがカワイイ。やる事なす事カワイイ!!メチャクチャカワイイ!大人になっても変わらずにカワイイの!!
クゥーンとか悲しい声を出すとか反則です。尻尾のくるんが大好き!
日本版は昔に見たので詳しくは覚えていないですがあっちハチも可愛かったですね。先生に抱っこされてビローンとなっているところが好きでした。

有名な話しだし
日本のも見ているからラストは知っている。
知っているんだけど、初めてボールをとってきたシーンがもう泣けました。これは前半の先生の日本人の友達のセリフが利いていますね。

ハチは先生を喜ばせるために遊びに誘ったのだろうか?
喜ばせることを理解したからボールで遊ぼうと思ったのか?

先生を引き止めたいがために
いつもしない遊びをしたり、しつこく吠えたりしたのだろうと




日本のと違ってハチが邪険にされていないのがいいですね
風土の違いなんでしょうかね、駅の規模の違いなんでしょうかね??
時代の違いかな

ハリウッド版はちょい田舎かな、登場人物も限られていたし
ハチとの交流がかっちり描かれているところがよかったです。


ラストのほう
ヨレヨレになったハチを見てビックリしましたあんた!そんな姿になって!先生のこと、まだ、…まだ!待ってんのかい!!と思うと、もう涙がとまりません。ハチの目がいいんだよね。

日本人役の人は日本語が話せないそうですね
どおりで聞き取りづらかったです。

バーン・アフター・リーディング
映画「バーン・アフター・リーディング」感想


あらすじ↓
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。
そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で……。


バーンアフタ2

ブラッド・ピットが最高です。
お馬鹿演技が超はまっている!!
もう、踊っている姿とか鼻血とか……可愛すぎる!!

デビュー当時は男前過ぎるから、普通の役じゃなくて汚れ役を進んでやっている感じだったブラピ
最近「オーシャンズ」や「トロイ」のニ前目の役をやっているのはファンとしてうれしかったのですが
お馬鹿さん役もいいよねって再認識。
流石!!


もう、バカ、バカ、バカ!!

どれをとってもバカっぽい!!


でも、ブラピの最後には笑えなかったわ……



それと内容なんだけど、
普段からミーハーな見方しか出来ない私だから
内容はあんまり、笑えませんでした。
どこで、笑えばいいか…。
コーエン兄弟の笑いは
私みたいなものには理解できないのかもしれない。

人それぞれだけど…。

クルーニー作のあの椅子とか超引いた。
勿論
ブラピの最後の笑顔にも


バーンアフタ1

ティルダは相変わらず綺麗で冷たい感じが好きです。



「何を学んだ?」

「わかりません」

「私もだよ、二度とごめんだ

この最後のやり取り、私も同感、
ブラピは良かったが、もう、二度とごめんだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。