ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンジリング
チェンジリング

こんばんは、藍です。
アンジーはアカデミー賞残念でしたね。
W受賞はないと思っていたのでそれはいいのですが
ヒースレジャーおめでとうございます。
なんか全然話題になりませんでしたが
(ニュースは『おくりびと』と『つみきのいえ』、『スラムドッグ$ミリオネア』ばかりでしたからね

ヒースは最高だった。
『ダークナイト』も最高だった。
面白かった。
ありがとうございました。



あらすじ↓
1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズは、
9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる傍ら電話会社に勤め、
せわしない日々を送っていた。そんな彼女はある日、休暇を返上して
ウォルターをひとり家に残したまま出勤する羽目に。

やがて夕方、彼女が急いで帰宅すると、ウォルターは忽然と
姿を消していた。警察に通報し、翌日から捜査が始まる一方、
自らも懸命に息子の消息を探るクリスティン。

しかし、有力な手掛かりが何一つ掴めず、非情で虚しい時間が
ただ過ぎていくばかり。それから5ヶ月後、ウォルターがイリノイ州で
見つかったという朗報が入る。そして、ロス市警の大仰な演出に
よって報道陣も集まる中、再会の喜びを噛みしめながら列車で
帰ってくる我が子を駅に出迎えるクリスティン。
だが、列車から降りてきたのは、ウォルターとは別人の全く
見知らぬ少年だった…。






どれだけ祈れば、
  あの子は帰ってくるの─?




クリント・イーストウッドはすごいな、1920年代のアメリカに違和感なく入っていけた。(「ダンサー・イン・ザ・ダーク」が1960年代、アメリカの片田舎だって事はあとでから知ってビックリした)
あの部屋の暗さがたまらなく好きだ。(単なる私のイメージで「アメリカの人って結構間接照明好き」ってのがあって…すみません)その分、主人公や物語の方に集中できた。
それに、一瞬ミステリー??
って思わせる部分があって、誘拐はもしかして陰謀か?などと考えてしまいました。

まず、主人公の上司、
誘拐される日に呼びとめその後姿を眺めているシーンがあり、こいつ一枚噛んでいるのでは?
周辺の住民も。
主人公の下に警察が来て事情を聞いているところは向かいの住民視線で撮られており、
住民も共犯?
牧師様のジョン・マルコビッチ。彼も不気味な雰囲気で…
……しかし、事件は意外な展開をする。コレは何か深い秘密があるのでは考えていた者とってはかなりガッカリな結末になるかもしれない。でも、この事件は「真実の話」なので少しも落胆することなく私は観る事が出来た。そうキタか!って感じで面白いです。素晴らしい。

こんなにイライラさせたれると思わなかった。上手ですね。
現代ではそんなもの検査をすれば一発で別人だとわかる。なのに汚職警察や医者が「この子です」って言い切っただけでこんなにも効力があるなんて…腹が立つ。もう、この時点でこの映画の罠にはまってしまった訳なのですが…上手いですね。

チェンジリング

主人公は普通の母親。
働いているシングルマザー。
「フライトプラン」のようなキレまくって、機長に食って掛かる勢いのあるメチャクチャ強い感じは一切しない。別の作品で強い女性を沢山演じてきたアンジーだが、この作品ではよく泣く。大きな瞳から涙をこぼす。ボロボロになって戦います。でも、途中までは切れそうになりながらも、ただ、ただ捜査をもう一度して欲しいと警察に願います。主人公は怒りを押し殺し、ただ再捜査を願う。自分はイライラしながらも多分この時代は選択肢が警察しかなったんだ、こんな警察にしか頼れないなんて!!
でも、どんなに権力に跳ね返されようと立ち向かう主人公に感動。


ゴードンに詰め寄るときのアンジーに涙が零れた。
鬼気迫るものがあった。
自分だったら、あんな不気味で少年達を20人近く殺した死刑囚の胸倉をつかめるだろうか?
このシーン、最後まで主人公に感情移入しまくっていた私は泣かずにはいられなかった。


これでオスカーが取れないとは…どれだけケイトはすごいんだよ。
ケイト・ウィンスレット、好きだから、嬉しいけどね

最後の「希望」はなんと残酷な…
と一瞬思えた
でも、それ故に最後まで闘った母とは強く美しいものだと思った。


スポンサーサイト
チームバチスタの栄光
チームバチスタの栄光



あらすじ↓
成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。
しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? それとも故意の“殺人”なのか?? 心療内科医の田口は院長の命で手術失敗の内部調査を行うことに。聞き取り調査の結果彼女は単なる事故として調査を終了しようとするが、そこに厚生労働省の白鳥が現れ……。

バチスタ

監督 : 中村義洋
原作 : 海堂尊
出演 : 竹内結子 、 阿部寛 、 吉川晃司
     池内博之 、 佐野史郎 、 玉山鉄二
     田中直樹 、 田口浩正 、 野際陽子

上映時間 : 118分





医療の部分は細かいところはなく、
ミステリー色が濃い。
それはそれでいい、詳しく言われても多分わからないし
でも、薄くなるのは残念だ。
上映時間のワリには見終わったあとなんだかさみしい。

原作は読んでいないが原作者は現役の医師であるからその辺(手術部分とかとか)はちゃんと書かれているのだろう。でも、その引いた分何か足さなくては…。さみしいっす。足したのはソフトボールですか?ミステリーの部分で足して欲しかったですね。原作を読みもしないでこんな事を言ってはいけないとは思いますが。


ですが
グダグダとしただるい感じもなく
テンポも良い。
緊張感もある。
役者もいいし。





「ミッドナイトイーグル」に続き竹内結子を観たがやはり上手いよ。
顔は好みではないが(派手でもないし)
竹内ってスゲーな!と思ったのは「いま、会いにゆきます」。
「黄泉がえり 」じゃ大した事無いな、あんまり好きじゃないと思ってたんですが「いま、会いにゆきます」で見直しました。

天才外科医・桐生恭一は最後まで吉川晃司だとわからなかった。
どこぞの新人かと思った。
歌手としての彼も知らなかったし役者としての彼も初めてだったので
すみません


「…住んでる」
のセリフは脚本が蒔田光治だからだろうか
一瞬竹内が仲間ゆきえに見えた。
狙っているのか?




連理の枝
連理の枝


こんばんは、藍です。
韓国映画は久しぶりです。
深夜テレビで放映しているのを観ました。

ねたばれありですよ。




あらすじ↓
若き青年実業家ミンスは、数々の女性との恋愛を楽しむプレイボーイ。そんな彼が、ある雨の日に出会ったのは、病院へのバスを待つヘウォンだった。早速ヘウォンを口説きはじめたミンスだが、次第にその明るく純粋な姿に心を奪われていく。それは、ミンスにとって初めての恋だった。
しかし、ある日出かけた動物園で、へウォンは突然倒れてしまう。彼女には、生きる時間がわずかしか残されていなかった



連理の枝


私は初めのラブコメの部分が楽しかったですね。
笑えるところも沢山ある。
そんな楽しい気持ちでいきなりシリアスモードになります。
切り替えが、気持ちの切り替えが…いきなりなもんで。そんな突然なところも二人の心情を表しているようでいいです。
でも観ながら、なんでこの二人は病院という舞台なのに相手の体を気遣う行動をしないのだろう、と。その上話題にもならない。「どこが悪いの?」ぐらい聞くでしょう?
いくら元気そうにしていても…。
恋は盲目っすか?
それとも、ああいうラストを迎えたいが為のストーリーですか?
まぁ、どちらでもいい。


目新しさは感じないが最後の木の前での携帯電話の会話は面白いです。
好きですね。


チェ・ジウという女優は巷では「涙の女王」と呼ばれているらしいが
後半部分よりも前半のラブコメのほうが
チャーミングでめっちゃ可愛い。
コミカルで笑顔が素敵です。




M i ?
ミッション・インポッシブル ?



mi3



あらすじ↓
前線を離れ教官としてIMFで活動するイーサン。
恋人との生活も順調で幸せの真っ只中。
そんな中、教え子で高い評価をする新人スパイ、リンジーがミスを侵し、捕らわれの身であることを知る。上司から救助のため前線復帰を求められ、悩むイーサンだが、1度きりの復帰を決意。
ルーサー他、新たなメンバー2人とチームを組み、リンジーを救出するためのミッションを開始するのだが・・。



冒頭シーンから物語に引きずり込まれましたね。
これは途中でやめる訳にはいかなくなりました。

アクションシーン最高です。
ベルリンでの風力発電機のプロペラが沢山回っているところをヘリで追いかけっこしているシーンには手に汗握りました。
好きですね、

橋の上のシーンなんかも
車が爆破されてその衝撃で車に叩きつけられるとこなど。
アクションシーンだけで結構お腹いっぱいになります


スパイの小道具が利いていて楽しいですね。
カメラを使ったメッセージとか変なクリームなど(車に付けていた)

マギーQのヴァチカンのあのドレスはスゴイっす。
あの大胆なスリットはありなんですか?私はありでいいと思いますが…。
美脚が見れて嬉しいので

テレビで観たからなのかな?
あの上海でのビルの中のシーンは全部カットなのですか?
それとも元々ないのでしょうか?
まぁ、無いのだろうと思うけど、潔いね。


ハリウッド映画であるからヒロインが死ぬ事はマズないだろうと思っていましたが、まぁ、その通りだったのですが…いや、騙されたわ。

ラストのデイヴィアンとハントの殴り合いのシーンなのですが
ホフマンがぽっちゃり体系なので鈍そうと思いきや、
がつがつ殴るところは意外でかっこよかった。
ちょいだるそうに見えるところも可愛い。

ラビットフットが結局なんなのかわからなかったが
それは重要な事ではないので気にしない、気にしない


トム・クルーズはあんまり好きな俳優ではないのですが
数年前の奇行で我々をドン引きさせたトム・クルーズ。
その前からペネロペの熱愛報道でもかなり引いていたけど
そんなもんで、あんまり好きじゃない。


L・フィッシュバーンには最後までやな奴でいてほしかった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。