ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリスティック
こんばんは、藍です。

バリスティック見ましたよ。



あらすじ↓
国防情報局(DIA)長官ガント(グレッグ・ヘンリー)の息子マイケルが誘拐された。旅先から帰国の際、不可解にもガントの部下たちに無理矢理連れ去られたのだった。しかし、彼らの目の前に突っ込んできたトラックの中から1人の女(ルーシー・リュー)が現れ、男たちを鍛え上げられた技で瞬く間に打ち倒すと、マイケルを連れ去り闇に消えていった…。
一方、7年前に妻ヴィン(タリサ・ソト)を眼前の爆発事故で失って以来、失意のまま酒浸りの生活を送っている元FBI捜査官エクス(アントニオ・バンデラス)のもとに、かつての同僚がやってくる。同僚は、死んだはずのエクスの妻が実はまだ生きていることを告げると、妻の居所と引き換えに、誘拐されたマイケルを捜し出すことを依頼する。

製作: 2002年 米
監督: カオス
出演: ルーシー・リュー / アントニオ・バンデラス /
    レイ・パーク / グレッグ・ヘンリー / タリサ・ソト


バンデラスが妻と再開しルーシーと車に乗っているシーンの車外映像が
ちと酷い合成だとか
似たような映像でメリハリがナイだとか色々あるが

爆発シーンはすごかった。
あんなにやらなくてもいいじゃんって思うほどだった。
あと、見所はルーシーとレイ・パークのアクションシーン
かっこよかったですね。
映像が細切れでしたね、そして短かった。
でも、前日に酷いアクションシーンを見たばかりだから
余計輝いていた気がする。
それに、この映画ガン・アクションが売りだから
短くても致し方ない。

あと、無駄にスローモーションが多いが
こちらとしては
雨の中で白い息を出しているアントニオ・バンデラスが見れて
嬉しかった。
このシーン最高。
無駄に長いがね・・・

バリスティック

ルーシーは美人とは言い難い(と私は思うのだが・・・・
一歩間違えば、エラが張っているので片桐はいり
もう、一歩間違えば貧相な顔なので千秋に見えなくもない
しかし、不思議なんですね
本当に不思議
カッコイイ、のですよ
大口径の銃をぶっ放すとこなんて、痺れます。
それも無表情でマシンガン打ち続けるシーンは男前過ぎます。
ミステリアスな役をよくぞやりこなしたと思います。


ルーシー


うん、かっこいい。

スポンサーサイト
宇宙戦争 (2005)


宇宙戦争



あらすじ↓
アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。すると大地が震え、地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。その光景を呆然と見つめていたレイ。町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだった。




宇宙人が侵略してくる映画といえば『インデペンデス・デイ』だろうか?
(これくらいしか思いつかない)
でも、これは「軍」(ウィル・スミス)側からの視点だが、この映画は一家族の視点から見れてコレはコレで面白かった。
家族視点の映画だと『サイン』があるがこれも大好きだ。
背後から少しずつ忍び寄る侵略者にドキドキしっぱなしだった。




『宇宙戦争』
私の好みです。
恐怖の連続です。
状況が全然分からないまま地獄に突き落とされる
墜落した飛行機。
川を流れていく死体。
火達磨の列車。
車を奪い合う群集。
渦を巻いて水面から現われる侵略者。
・・・
楽しませていただきました。
宇宙戦争1

もの凄い、アクションシーンがあるわけではないし、
ヒーローも出てこない。ただ、親子3人で逃げ惑う映画。
あー、でも邦題とか最悪だと思うのですが。
仰々しすぎる。
こういう題名を付けられると宇宙船と戦闘機との空中戦のシーンなど
すんげードハデなシーンをイメージしてしまう。この題名で内容がコレだから、変に規模が小さい気がして損した気分になる。
でも、この映画はそんなものは出てこない。ただ、トムの視線のみを追っている。だから、丘の向こうの戦闘シーンも途中でいなくなった息子、世界各地の様子、目的地であるボストンも映す事はない。
臨場感あります
(ホワイトハウスも出てこない、大概、こういう映画は大統領とか出してきてヘリで逃げるシーンとかあってもいいはず)噂に出てくる大阪も出てこない。


ラストも好きです。
人間食べて食中毒なんて気分が悪いわ。
でも、
爆弾をボカンボカン爆発させて、ハイ、全滅!じゃつまらん。
(でも、それはそれである意味爽快だが
ある意味こういう終わり方で納得





電話やテレビが使えなくなってしまった世界で
どこが安全なのかもわからない中で人々があてどもなく、
歩くシーンが印象的だった。
私たち市民はなんと無力なのだと痛感。
地下のシーンもドキドキしっぱなしだった。
上手いッス。
自分達を匿ってくれたティムを殺す判断をしたお父さんには賛否両論だろう。
私は「賛」の方。
確かにあの状況下で正しい判断を出来る人間は素晴らしいだろうね


子供と普段から会話をする努力を怠ってきた適当お父さんは
子供たちと全然意思の疎通が上手くいかない。
普段、会話する機会が少ない状況なのだが
娘のピーナッツアレルギーもわからないのである。
そんな中でお父さんは子供達を「ボストン」に連れて行くことに固執する。
なんとしてでも、元妻のいるであろうボストンに。
元妻に愛にいくという行為は息子に指摘された事も若干あるだろう
でも、トムはそれしかなかった。
それだけが支えだった。
だから、最後ボストンについて画面の前で私もほっとして溜め息が出ました。
ゴールがあってよかった。



前にも書いたがトムは好きな俳優とはいえないが
今回のトムの
ダメお父さんっぷりは私的にはいまいちだったが
子守唄がわからず
困ってしまうトムは案外いい表情していた。
宇宙戦争2


恋空

恋空


いまだに、「クローズ ZERO」のオープニングの曲が頭から離れません。

「ワイルドサイドの友達に
 伝えておきたい事がある
      今は遠く
    遠く
  見える灯でも
 信じてみるだけの価値がある」
使われ方にインパクトがあって
いい歌なんで、なかなか離れない。


まぁ、クローズの方は2、見たいのですが、
いまは断然「レッド・クリフ」が見たい!!
もう、続き楽しみにしてたよ!!!来週あたり行けたらいいな・・・。

話は全然変わって
「恋空」

あんまり評判がよろしくないらしい映画だそうで
見るのを躊躇っていた映画です。
でも、
新垣結衣が見たくて見ました。


photo25.jpg




あらすじ↓
高校1年生の美嘉は、暖かい家庭で育った優しい女の子。
夏休みに入る前、図書室に忘れた携帯を取りに戻ると、見知らぬ男の子から電話がかかる。その日から、その少年からの電話が毎日来るようになった。最初は不審がっていた美嘉だったが、次第にその少年に好意を持つようになった…。





きみは幸せでしたか?


photo10.jpg

ガッキー可愛いね、
ガッキーが主人公の美嘉役をやってくれて良かった!!!

D組ののぞむが一直線で美嘉ちゃんの所に行きましたからね
新垣さんで良かったね。
ガッキー、美少女だから説得力があります
こんな女、可愛くなければ(本人無自覚なのも頭にくる)許せん!

三浦春馬も良かった。
堪えきれずに感情を爆発させてしまうところなんて
胸がきゅんとしてしまった。

お話の内容はあんまり、好きではない。
ありきたりだし、酷いし。
10代の頃は弱くて未熟で
その時その時が精一杯かもしれない
それにしても、あまりにも頭が弱過ぎないか


ミカがレイプされてヒロが犯人懲らしめに行った時
カメラ壊しましたね
怒りのあまり・・・。
証拠品が・・・
怒りはわかるし、こんなもん残しておけないのもわかる、
けれど、ちゃんとした証拠があるのに…と考えてしまうのは当事者では無いからなのでしょうね、そこのところのデリケートな部分はわかりませんが、証拠の品が。
・・・その上、黒板に落書きしたの本当にわからない?ヒロ?多分ヤツだよ?
「ミカは俺が守る!!」とか言ってんけど、
犯人、ヤツの手先だろ?
まぁ、ミカが虐められないようにクラスで言ったのかもしれないけれど
・・・・
え?え?
なんで、その後、図書室で盛ってるの?
ミカがその気になってくれたのは嬉しいかもしれない、
でも、その前にやる事があるのでは?

なんか、イライラするのですが
ヒロにもミカにも




咲役の臼田あさ美は普段「歌スタ」でしか見たことがない。
なので、なんで、こんな役したの?っと思ってしまった。
出番は少ないし、いつのまにかいなくなってしまったし…。




ストーリーは好きではないが
画はスゴク綺麗だ。
綺麗な空、お花畑、・・・・
美しい映像です。
最後の一歩手前までその部分は楽しめたが
橋の下から飛び出してきた鳩が合成バレバレで
一気に悲しくなった。
最後までがんばれ

img1_1190342147.jpg

それにしても、鉄壁の守りですね。
「ベオウルフ」でも股間を映さないように色んな工夫をしていましたが
セックスシーンもレイプシーンでの着衣の乱れのなさは拍手もんです。キスシーンも頬だけしかない。
頬だけだよ?
ヒロには他の女の子とキスシーンはあったがガッキーのは上手く隠してましたね、
ガッキーの守りは堅いな…。


最後に小出恵介君の「拾うな!!」のセリフにはよくぞ言った、と思った。
ここのところ良いですね。
なんか唯一、胸に残るシーンです。


クローズ zero
こんばんは、藍です。

もちろん、テレビで観ましたが
130分という結構長い上映時間をまぁ、違和感なく見れた。
だいぶ、コンパクトになってましたね





あらすじ↓

不良たちが集まり、最強・最凶の高校として知られる鈴蘭男子高校。
芹沢多摩雄(山田孝之)が率いる“芹沢軍団”を筆頭にいくつもの不良グループが抗争を繰り広げるこの学校に、1人の転校生がやって来た。その名は滝谷源治(小栗旬)。
不可能と言われる鈴蘭制覇を本気で狙う彼は、ふとしたことで知り合った鈴蘭OBで矢崎組のチンピラ・片桐拳(やべきょうすけ)と意気投合。片桐の知恵を借りながら、鈴蘭制覇へと歩を進め始めるのだが……。

クローズ zero

累計発行部数3,200万部を誇る高橋ヒロシの「クローズ」。
大ヒットコミックをオリジナルストーリーで映画化したのが『クローズZERO』
“ZERO”の名の通り、原作の主人公・坊屋春道の登場以前の鈴蘭高校が舞台。

なのだが、私はコミックを何年か前に友達に家にて5巻までしか読んでいない。
5巻までしかなかったのだが
その中で覚えていたのは「坊屋春道」と「リンダマン」のみ。
なので主人公が出てこないので、慌ててインターネットで調べたところ
やっと、「ZERO」の意味がわかった。
ふむ、予習は大事だな。


単純明快なストーリー
大好きです、こういうアクション映画。

飛び蹴りがカッコイイ

性格的にムラのある源治も面白い

アクションシーンは
銃や武器を使わない肉体のみの美しさが
雨のシーンが
好きです好きです大好きです
コメディー部分も良いです。スーツは硬いし



山田孝之はかっこいいな
もう、やばい
「電車男」は見ていないが
あの当時朝テレビで観て「アンタやりすぎだ」と、
ついテレビに話しかけてしまったのを覚えている。
全然違うじゃん。「手紙」の時とも全然違うじゃん。
やまだ

身長はさほどないが存在感はスゴイです、目立ってます。
口調は軽いし、余裕の態度なんだけどが、目だけはギラギラしていて好きです。
雰囲気の暗さがたまらん!!
良いですね「手紙」の彼も好きだがコレはかっこよすぎる。
褒めすぎか?でも好きだ


高岡蒼甫もいいよね、
出番は多くはないがいい兄貴って感じが良く出ている。





概ね良いのだがテレビでの鑑賞だからか?
病気の彼と源治、病気の彼と芹沢の
絡みが希薄で同時進行の彼の手術シーンが面白くない。
いちいち、挟んでくるがイラ付く。
それ故に喧嘩のシーンも軽くなる。
烏の中での異質の彼をもっと絡めて欲しかった。


セリフを言う時でボリュームが下がるというのは
なんとも斬新というか邪魔くさいというか
まぁ、度肝は抜かれた。


黒木メイサや長いライブシーン、煩いBGM、
などは
大人の事情というやつなのか…
色んなしがらみというヤツがあるのでしょうよ
今度はそういうものが少ないものが見たいものです

それにしても黒木メイサはミスキャストとしか思えない。
要らないとまでは言わない。
彼ら不良のマドンナという奴が欲しかったのだろうと思う。
男だけだと画面がね・・・・っていう風に感じられたのかもしれない。
わからないが大人の事情というやつがあるのだろう
だとしても黒木メイサだと、高嶺の花すぎるという感じがしなくもない。
こういう、クールビューティーもいいが
もっと親しみやすい適役がいただろうに





不良校って不思議ですね校庭にロッカーがあるなんて…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。