ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テラビシアにかける橋
映画「テラビシアにかける橋」感想


ロブ2








あらすじ↓
貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日、風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動力を持つレスリーのリードで、2人は森の中に空想の王国テラビシアを創り出し、かけがえのない友情を育んで行く。ところが…






良いと思ったところは「逃避」ばかりじゃなくて「前進」があって「受け入れる」ところまであったところ。
姉や妹が親から可愛がられて自分ばかり構ってもらえない可哀相な長男君。そりゃ、すれます。でも、妹はそんなことお構いなしにおにいちゃんに遊んで欲しくて付きまとうんですが、鬱陶しい事この上ない。親からも可愛がってもらってるくせに…って思ってしまいます。あれ、わたしかなり捻くれてしまっていますが、私もこういう状況だったものですから、彼の気持ちは少しばかりか共感してしまう。
「テラビシア」もただの逃避の場所ではなく、自分を鍛えるところだったのが良いですね。ただの現実逃避の空想の世界だったらお菓子の家や沢山の玩具…夢の国を創っていたでしょうから。
最後に妹を「テラビシア」に招待できるまでに彼は成長した。ストーリーはちょっと唐突な場面もあったがそれでもぐっときてしまって涙が出てしまった。




ロブ1


「チャーリーとチョコレイト工場」
「リーピング」
「ジャンパー」
と観てきたアンナソフィア・ロブ
チョコレイト工場で見たときは美少女でしたね。
「テラビシアにかける橋」では役どころが「不思議ちゃん転校生」だったせいが
ちょっと、浮世離れしている感じがしないでもないですが
それでもまで美少女といえるでしょう。

このまま綺麗でいてください

ロブ3



キルスティン・ダンストみたいにキモカワいくはならないで欲しいと
ココロから願っています。



スポンサーサイト
ブレイブ ワン



映画「ブレイブ・ワン」感想。



ニューヨークでラジオのパーソナリティを務めるエリカ・ベインは、婚約者のデイビッドと公園を散歩中、暴漢に襲われた。病院で意識を取り戻した彼女はデイビッドが死んだことを告げられ、悲しみに打ちひしがれる。自らの心にも傷を負い、満足に外出することもできなくなってしまった。そこでエリカが手にしたのは一挺の拳銃。
そしてある日、偶然立ち寄ったコンビニで、強盗にその弾丸を発射するのだった




「幸せの1ページ」のコミカルな演技の後
「ブレイブ・ワン」を見たのですがこちらの方が
やはり好きかも知れない。



銃の撃ち方も知らない素人のような危うい感じ
犯罪者を裁いていく時の狂気を滲ませた表情
本当にどうにかしてしまったのでは思ってしまうほどだった。
けれど理性はまだ残っている感じが良かった。
やっぱ、大女優だよね
と、実感。




テレンス・ハワードの刑事さん役
良かったですね、かっこ良かった。

ボーン・アルティメイタム
彼が記憶を取り戻す時
 最後通告が下される







映画「ボーン・アルティメイタム」感想



CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。そんな彼の写真がイギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。失った秘密の鍵を見つけるため秘密裏にロスへと接触を図るボーン。だが、ロスはすでにCIAによってマークされていて……。


bo-n1



「ボーン・スプレマシー」を見たときは面白いけど「ボーン・アイデンティティ」には敵わない。というのが感想。それほどに「ボーン・アイデンティティ」は衝撃的で好きな作品です。



アクションシーンは3作通じてとてもいいです。
今作でもとってもスピーディで3作目ともなれば
ダレテ、クダクダなモンだったらどうしようとか
心配していたわけですが、要らぬ心配でした。
最高でした
CIAが見張る中での駅での頭脳戦はハラハラしどうしだった。
我慢し切れなかった記者がまた緊張感を煽るのですよ!

タンジールでの追いかけっこも結構長かったのにもかかわらず
最後まで集中力を途切れさせることなく見たのは素晴らしいです。
屋根から屋根へ飛び回りとことか
入り組んだ街中で下から上からと視線を変えて映し出されるシーンは
面白かったです。
プロ同士の格闘戦が今回もありましたね
ありがとうございます!

ボーンはタフだねェ…

CIAに忍び込むシーンは痛快

それに次ぐカーチェイスシーンは
キュルキュル、キュルキュルの連続でしたねェ
車が横転してからのボーンの復活がまた早い。

タフだねェ

bo-n2


ラストの川の中に飛び込み浮かんでくるシーンは
画面のニッキー同様
ニヤリとしてしまった。





アンダーワールド:エボリューション

アンダーワールド エボリューション




ヴァンパイアの闇の処刑人セリーンは、一族を治めるビクターが自分の家族を虐殺していた過去を知り、復讐を果たす。同族から追われる身になった彼女にとって、唯一の味方はヴァンパイアとライカン(狼男)の混血種であるマイケルだけ。2人は追っ手をかわしながら張り巡らされた陰謀を暴くうちに、何世紀にもわたって種族闘争を繰り広げてきた、ヴァンパイアとライカンの創世の秘密に迫っていく。
やがて2人は、血族を超えた禁断の恋に落ち…。




「アンダーワールド」では「ケイトがスゲー」しか書いてませんでしたが

「アンダーワールド エボリューション」も「ケイトスゲー」でいいかなと思ったけどね

つうか、それしかないからね

もう、映像とかかっこいいんだよね

それだけなんだよね

アクションシーンがこれといって目新しいというわけでもないし
暗すぎて見辛いっていうのもあるし

設定は面白い
ちょっとドロドロな感じの因縁話かな

とか思いきや

つまらないわけじゃないけど

全体的にクールにまとめたいのか知れませんが

なんか盛り上がりに欠ける

なんか、あれよあれよという間に終わってしまいました…。



吸血鬼ものが好きだからちょっと厳しい目で

見てしまったのかもしれません。





……吸血鬼ものとしてはあまり好きではない。

アンダーワールド



ブラックレザーのロングコートに身を包み、夜の街を見下ろす一人の美女。ビルの屋上からコートをはためかせ、静かに地上に着地した彼女の正体は、ヴァンパイアの女戦士セリーン。
彼女は長年戦い続けてきた宿敵、ライカンが、マイケルという若い人間の医師を執拗に追いかけていることに気付き不審に思う。セリーンは一族の現リーダー、クレイヴンにライカンの不穏な動きを報告したが、彼はたいした問題ではないと片付ける。しかし彼女は、ライカンが良からぬ陰謀を画策していると直感し、マイケルを追いかけるのだった。








初めのケイトが飛び降りるシーンがかなり好きです。

カッコイイですね

ストンと降りると、すっと歩き出す動作がなんともきまっている。


「ヴァン・ヘルシング」でドンくさいお姫様を見たせいか
この映画のケイトはクールでしたね。

それに唇が血濡れになっているのがなんともセクシー。

そのうえピチピチの黒スーツが何ともいえない

2丁拳銃もヴァンパイアという設定があるからケイトが構えても
あんまり
違和感は感じない。



マイケル最強

とか言いながら大して役に立っていないのが残念

前半であんなに追いかけられていたのに

後半では見せ場なしとは…


ハンサム★スーツ


映画「ハンサム★スーツ」感想☆☆

定食屋を営む大木琢郎(塚地武雅)は優しくて料理上手にもかかわらず、ブサイクでメタボリックな体型が災いし、33年間彼女がいない。ある日、紳士服店を訪れた彼は店長から1着のスーツを勧められる。言われるままに袖を通してみると、琢郎は顔も体型も見違えるようなハンサム男・光山杏仁(谷原章介)に変身していた……。





ハンサム★スーツ2

当時すんごい力の入れようでしたね宣伝。


よくできている。
というのが第一の感想。

こういう映画、最近の邦画のコメディは

悪ふざけにしか思えないような映画
多々見る。
勘違い映画を多く見ていたせいで
これも、
そんな映画の一つかと思って
期待しないで見ていました。
期待しなかった分なのか結構面白かったように感じる。
演出も派手すぎないところがいいですね
ちょっと、ポップな感じが良い。


すぐにオチはわかってしまうのですが
それでも
最後まで見れるし、コメディーとしても十分。

ガールズコレクションのくだりはよくわからなかった。

もっと違う感じではやれなかったのか
どんなに谷原が熱演しようが誰に対するシーン(セリフ)なのか
わからなければ、
こっちはどうしていいのか……。

音楽、盛り上げんなよ。




谷原章介。
初めて作品を見ました。
頑張ってますよね。
3枚目の役をこれだけやれるのはすごいですね。
ただの顔がイイだけの2枚目俳優には出来ません。
谷原しゃん面白かったですぅ



ハンサム★スーツ1

北川景子がかなりかわいかった。
最後の笑顔なんていいよね
でも
食べ方がムカつく。おいしそうに見えない、下手。
可愛いけどね



石田純一はハンサムじゃない
ただの雰囲気ハンサム。
デーブ「おち」の前に落とすとは


エンドロールに日村さんの名前が流れたが
出ていた??
どうしよう!!
見逃した!!
ヤバイ!DVD借りなきゃダメか!!?

と思ったのも束の間、最後に出てくれた、ヨカッター!!


崖の上のポニョ


ポーニョ、ポーニョポニョ、さかなの・子ー!!


この映画を観たことがない人でも一時期このメロディで脳みそを支配された方も多いのでは??
ってくらい話題の映画の地上波初登場!


映画「崖の上のポニョ」の感想




ストーリーは人魚姫。



でも、アンデルセンの人魚姫とは全然違うかった。
人魚姫はなんか、儚く、綺麗な髪にしなやかな肢体、美しいってイメージがあるが

けれどポニョは違う。

同じく話せなくとも口からびゅっと水を飛ばす。
なんともふてぶてしい。

お父さんから

閉じ込められてからがパワフル

妹達から力を借り膜を破り
魔法の水を飲み干し……
大好きな宗助に会いに行く。

そこの描写がすっごい好き。

魔法を身につけたポニョは
全てを味方につけて
海とともに
大好きな宗助を追いかける。

海を走る姿がイキイキとして
こんなにも荒れているのに
ポニョは楽しそうに走る。

すごいなぁ。。。
圧倒され興奮する。


楽しいかったとは思わないけれど
本当に映像はスゴイの一言です。





嵐の夜が終わって

静かになった海。

宗助の家ギリギリまで海になっているほど世界は海で満ちていた。


この場面最高ですね。「ラピュタ」にもあったけど水没した街の風景、好きですね。


公開当時、日テレで夜特集番組が組まれたり
色んな解釈があるみたいですね
(放送前にも特番がありましたね)


そういうのも見たり、読んだ方がいいのかなぁと思ったけど

映画を観て

別に見なくてもいいやと思ってしまいました。


めんどくさいし





幸せの1ページ
人生なんて、
 たった一行で変えられる。


映画「幸せの1ページ」の感想***




アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の少女・ニムから、物語のヒーロー宛にSOSのメールを受け取る。ニムを救うため、アレクサンドラは初めて家の外へ出て、南太平洋へと旅立つが…。


幸せの1




DVDで鑑賞。

見ていて思ったことは
以外にファンタジー色が強い事。

動物さんがディズニーみたいに協力的でしたね。
カワイイです!



面白かったですね。
ニムの孤島一人残され海賊たちが上陸してきたなどの危機
パパの大海原に遭難してしまった事
アレックスのひきこもり

トラブルの大小はあれど大事な事は

勇気を出す事
あきらめない事


でも、アレックスがニムから必要とされ
助けたい気持ちで島に着てみれば

冷たい言葉を
言われたのは
こっちまでぐさっと来ました。

子供は正直ね



幸せの2

ジョディのコミカルな演技もいいですよね
彼女の作品はそんなに見ているほうではないけれど
どれも、シリアスな役どころばかりだったので
これは、新鮮でした

パニくる彼女は面白かった。

引きこもりで潔癖症の作家の
ギスギスした感じも良かった。

エンバー 失われた光の物語
エンバー 失われた光の物語


知恵と勇気で地底都市<エンバー>から脱出せよ!

地上からはるか深くに建設された地底都市<エンバー>。
住人たちは地上へ出たことが無く、都市全体の電気を供給する発電機の光を頼りに生活していた。しかし、建設されて200年が経ったあるとき、エンバーでは何度も停電が起こり始める。発電機が限界を迎えていたのだ。暗闇の中で生活する時間が段々と増え、住人たちは「永遠に光が消えてしまう」という不安を抱えていた…。
そんなとき、エンバー・スクールを卒業したばかりの少女、リーナが偶然、家の屋根裏で古びた箱を見つける。その中には。妹のポピーのせいで虫食い状態になってしまったが、「出口」の文字が書かれた文書が…。もしかしてエンバーの出口の場所が書かれているかもしれない、と考えたリーナは、その文書をもとに、少年ドゥーンと共に光を求めて冒険の旅に出る――!

エンバー2




DVDで鑑賞、
当たり前か。
主人公は今「ラブリーボーン」のCMでテレビでよく目にするシアーシャ・ローナン
かわいいですね、よく走る子だ

日本未公開ということでどこか難があるのだろうと思っていましたが

ストーリーですね

子供向けにはよく出来ているんだろうけど

何分、雑。95分と短いのはいいが

ストーリーがスカスカでもっと練りこめただろうと思えた。
主人公が子供で
脱出方法を隠したい訳ではないので難しくする
意味もないのだが

ちょっと、人間関係の描写も希薄かなぁと思ったりもしました。
もっと、「お父さん」出てきても
いいじゃない?
もっと、ドゥーンとのからみあってもいいじゃないかと
ただ、一緒にいて脱出を目指すだけ!!
なんてつまらないです。


エンバー


地下都市のセットが良かった。
レトロ?ヨーロッパ?石畳が入り組んだ町並みが素敵でしたね。

映像がしっかりしているので
退屈せずに

ガッと一気に見れます。



アイズ(2008)
初めて目にする世界には
幸せと哀しみ、そして
救わなければならない魂がいた





シドニーは将来を嘱望される若手バイオリニスト。幼いころの事故が原因で失明したものの、日常生活においては不便を感じる事はなかった。しかし、姉ヘレンのたっての勧めで、角膜移植手術を受ける事になり、手術は無事成功した。だが眼帯を外した日の夜、隣のベッドに眠っていた女性が、黒い人影と出て行くところ見た。その女性は翌日亡くなった…。やがて退院したシドニーは、フォークナー医師の治療を受ける事になるのだが…。
                                       (gooから持ってきたあらすじです。)アイズ - goo 映画





オリジナル未見
DVDで鑑賞
臓器移植で提供者の特徴が出てしまうというのはよくある話。


病院で見えちゃうシーンは怖かったな
これから、病院はお世話になることを思うと
昔からお世話になっているし
小さい時は怖くて病室で一人では寝れなかった。
霊感なんか全然なインだけド。

写真を見たときの「誰?」って驚くシーンは面白かった。
自分の姿、見えてなかったのかと思うと。

あんまり怖くはなかったがサスペンスとみると面白かった。
ホラーとしてはダメ、もっと怖くないと。

彼女の見たビジョンが
後半のあの場所だったのかと思いながら見ました。
「1:16」があんな感じで使われるとは思わなかった。
ヤラレタ!って感じでした。


オリジナルが見たくなった。


ジェシカアルバの輝く笑顔がほとんどなかったのが残念だが
ホラーもいけます。

笑顔も
怯えている顔も
どっちにしろ
ジェシカアルバは
カワイイ。

キング・コング(2005)
冒険映画を撮影するために幻の孤島“スカルアイランド”にやってきた監督のカール(ジャック・ブラック)と脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)、そして女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、島で巨大な生き物と遭遇する。




1933年のオリジナルの「キング・コング」を見たときは衝撃的でした。
ラストのビルのシーンが特に
悲劇だとわかっているから見るのを躊躇していました。
だって、悲しいラストが待っているから
でも、やっぱり見たい!!
だって、ピータージャクソン監督だよ!!
話に聞くと
『キング・コング』を観て、映画監督になろうと決意したらしい。
撮りたくて撮りたくてし方がなかったらしいですね。
もう、愛情もたっぷり入っているんだろうね。
だからじゃないけど
最高に面白かった。

キングコング1



前部分の人物描写が長すぎる
ちょっと飽きてくるかと思いきや
このしっかりとした紹介があるからこその中盤?が面白いのです。
それからが大好きですね
先住民達のホラーな感じも
巨大な草食動物との追いかけっこ
すんごい迫力ですよね

とくにコモドオオトカゲみたいなのから追いかけられところからの展開には息も出来ないほどの目まぐるしさでした。大ムカデと対峙するシーンは気持ちわる!こっちまでゾゾゾっときました。それから、恐竜から追いかけられ、やっと逃れられたとおもったら又も新たな恐竜出現!コングに加えもう1匹の恐竜も加わり「3匹の恐竜VS.コング」の戦いのシーンは最高。大迫力!キング・コングかっこよすぎて、胸が熱くなった。
ナオミを肩に乗せるシーンなんて男らしい。
それより、
ナオミ振り回されて死ぬんじゃね?ってくらい、
ブンブン飛んでましたね


キングコング2

前にも書いたけど
認識しづらい顔
でも、コレはわかっていてみたから
ナオミさんだとおもって見ていました。

いやー当時37歳?
すんげー若々しい

売れない女優の感じが出ていた、
初々しさとかハングリーな感じ
それより、悲鳴をあげている顔は相変わらず
いい表情しますね。

コングの前で踊るシーン好きです。
NYで再開するシーンもいい!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。