ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9+1
映画「9+1」感想

あらすじ↓
同じオーディションで最終審査に残ったことのある9人の女たち。1年後に彼女たちが再び呼び寄せられた理由は?そしてあの日、失踪した女性はどこに行ったのか?


DVDにて鑑賞

第1にこの映画は見る予定にありませんでした
レンタル屋さんの手違いかわかりませんが、本来借りるハズだったDVD(韓流ホラー)の中身がコレだったのでした。苦情は後にしてせっかくだし見ることにしました。はじまってすぐに「はずれ」だと思いました。B級でもないです。愛すべきところもないので。これ、劇場公開したのですか??
え!?本当に??


映像は顔のドアップとか固定カメラかってくらい工夫のない退屈なものでした。朝になってから別のシーンも出てきたけれど酷い演出だ。

女優さんたちもあまりいいものとは言えない。
棒読みのセリフ(メイキングで棒読みの注意を受けていたが直ってないよ)滑舌も悪く何を言っているのかわからない。巻き戻して聞き直すから元々悪いテンポは悪化する一方
そんなにも可愛くない。

脚本も酷い。
とても才能があるとは思えないナミに嫉妬する少女達という設定はとても飲み込めるものではありませんし、少女達のキャラクターが浅く覚えられない。その他、理解できないストーリー展開。ほぼ密室劇(演者×演出×)なのだから、ストーリーくらいはよくないと…飽きます。つーか見れたもんじゃない。


ネタバレ

になるのかな??ラストのナミについてはありきたり
というより、そういうのは演技力のある役者だからできる役であって
素人がしても、何の面白みもないと思うのだが

朝になって森の中を歩いている少女6人を枝切りバサミで追いかけるというシーンがあるが、バラバラに逃げた女の子たちを次々と殺害していくとは、かなりパワフルですね



ホラー映画を観るつもりがサスペンスを見る事になったが
こんなDVDが入っているなんて…震えがとまりません。




スポンサーサイト
センター・オブージ・アース( ブレンダン・フレイザー主演)
映画「センター・オブ・ジ・アース」感想

テレビで鑑賞

あらすじ↓
兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)はおいっ子のショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かるが、ぶっきらぼうで何ごとにも無関心なショーンに困り果ててしまう。そんな2人は過去に取り付けたアイスランドの地震調査装置の異常を確かめるため現地に向かうが、激しい落雷に襲われ、洞窟に避難する。



あ、テラビシアに出ていた子ですね?

前に観たT・J・スコット監督版のセンター・オブ・ジ・アースのあらすじを探す時にさんざん検索に引っかかっていたので3D映画ということは頭に入っていたので
ここは映画館とかで見たら面白いんだろうなぁと思ってみていました。

なかなか面白かったです。

地下の道を見つけるまではT・J・スコット監督の方が面白かったですが
(T・J・スコット監督の地下へ降りる時は真っ暗で何してるかわからなかった…)
地下世界に着いてからはこっちの方が面白いですね

やっぱりお金かけてるなぁっていうところで豪華ですね

ご都合主義だなと思うけど
まぁ、楽しめたし、いいかなと

あまり中身も求めてはいなかったので



陰日向に咲く
映画「陰日向に咲く」


テレビで鑑賞

原作未読



あらすじ↓
夏の日の東京。ギャンブルから足を洗えず、借金まみれのシンヤ(岡田准一)は、オレオレ詐欺に手を染め、老婦人をだまそうとする。しかし、その老婦人と心が触れ合ってしまい、金を引き出せずにいると、街で寿子(宮崎あおい)という女性と出会う。寿子は、母・鳴子(宮崎あおい・二役)の恋の軌跡をたどろうと、とある場所へ向かっていた。


東京に暮らす“どこか日の当たらない”9人の人々が、一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。


原作ベストセラー小説という事でちょっと期待しました。





登場人物は映画の中でこんなにも泣き・笑いしているのに
全然伝わってこない。
何で泣いてるんだろう?とか考え出してしまった。

最後の方には、もう結構、いらないよ?、とまで思ってしまった。

演技がだめとかじゃないです
やっぱり脚本だと思うのですが…
どうなんでしょうね

西田敏行の役、訳わかんない
え!?で、最後はどうしたの?っといった具合で

アイドルのターンは悪くはなかったが
なんでこの話が入ってくるのか意味不明。

俳優が泣いたり熱くなるほどこっちはドンドン冷めていきました。

別にお涙頂戴映画は嫌いじゃないのにな…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。