ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロウィン(2007)
映画「ハロウィン」感想


あらすじ↓
友人もなく、家庭でも愛されず、孤独に苦しみ続けた少年マイケルはハロウィンの夜、不気味なマスクを被って、赤ん坊の妹だけを残し、母親の恋人、姉、そしてそのボーイフレンドを惨殺してしまう。その夜からマイケルは厳重警備の精神病院に収容され、小児行動学者ルーミス医師の治療を受ける事になる。彼がマイケルの魔性を理解できる唯一の人物だったのだ。そして17年後のハロウィン―成長したマイケルが精神病院を脱出する…。




2007年 米
監督 ロブ・ゾンビ

夏だし、怖いのが見たいなって事で
DVD借りてきました。

リメイクの映画らしいけど
元になったのは見ていません

面白かったです
あらすじで書かれている部分まで

マイケル少年が怖いのです
あの表情!眼!上手いし、冷たい。

もう、不気味ですよ
不気味なんだけど…荒んだ、荒れ放題の生活の中赤ちゃん妹(ママにも)に対してだけ心を開いているのがちょっと切ない気がしてくる。完璧モンスターじゃないのがいいですね。


ラストのほうは、まぁ、ありきたりな気がして
あまり、怖くなかったです。

スポンサーサイト
HACHI 約束の犬
映画「HACHI 約束の犬」感想

日本版見ました。
       忘れないよ忘れないよー♪

当時CMバンバンしていましたね
主題歌が流れるたびイライラしていました。
ウザッタイ、絶対観に行かないぞっと、思っていましたね^^


ハチが登場したときからもう心奪われていました
駅の構内を迷っているハチがカワイイ。やる事なす事カワイイ!!メチャクチャカワイイ!大人になっても変わらずにカワイイの!!
クゥーンとか悲しい声を出すとか反則です。尻尾のくるんが大好き!
日本版は昔に見たので詳しくは覚えていないですがあっちハチも可愛かったですね。先生に抱っこされてビローンとなっているところが好きでした。

有名な話しだし
日本のも見ているからラストは知っている。
知っているんだけど、初めてボールをとってきたシーンがもう泣けました。これは前半の先生の日本人の友達のセリフが利いていますね。

ハチは先生を喜ばせるために遊びに誘ったのだろうか?
喜ばせることを理解したからボールで遊ぼうと思ったのか?

先生を引き止めたいがために
いつもしない遊びをしたり、しつこく吠えたりしたのだろうと




日本のと違ってハチが邪険にされていないのがいいですね
風土の違いなんでしょうかね、駅の規模の違いなんでしょうかね??
時代の違いかな

ハリウッド版はちょい田舎かな、登場人物も限られていたし
ハチとの交流がかっちり描かれているところがよかったです。


ラストのほう
ヨレヨレになったハチを見てビックリしましたあんた!そんな姿になって!先生のこと、まだ、…まだ!待ってんのかい!!と思うと、もう涙がとまりません。ハチの目がいいんだよね。

日本人役の人は日本語が話せないそうですね
どおりで聞き取りづらかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。