ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球が静止する日
映画「地球が静止する日」感想



任務遂行のため、ロボットの“ゴート”を従えて地球に降り立った人間型異星人“クラトゥ”。政府や科学者たちが謎の解明に奔走する中、ある女性と義理の息子は、クラトゥの任務に巻き込まれていく。そして二人は“地球史上最大の危機”が、今まさに訪れていることに気付く…。





序盤が面白いだけにオチが…残念な映画。


序盤にワクワク
子役と政府の対応にイライラ
しつつ、映像も面白い。
防護服が破られていくシーンに
トラックが砂のように吹き飛んでいくシーンは最高。
カラーも落ち着いた感じで好きだ。


ただ、それだけにあれがオチでは弱く感じてしまう。
面白くないわけじゃないのに
それだけで見たあとガッカリきてしまうので
なんだか、残念なんだよねって思うのですよ



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。