ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウターゾーン
「アウターゾーン」感想



DGは、ごく普通の20歳の女の子。ある夜突然の竜巻に呑みこまれ、見知らぬ世界に運ばれてしまう。
人間のいない未知の世界で自分が実は正統な王位後継者であることを初めて知ったDGは仲間となったグリッチやケインの助けを借りて、危険が待ち受ける冒険の旅に足を踏み出す…。



DVDにて鑑賞。

自分が借りてきたわけじゃないので予備知識ゼロ。




ここではないどこかに憧れる女の子がでてきて、なんだか「オズの魔法使い」みたいだなって感じで見てましたら竜巻で別世界に運ばれて、やっぱり、そうだと確信。「オズの魔法使い」はジュディ・ガーランド主役の大大大好きなんですよね。
だから、「脳みそのないかかし」「ハートのないブリキのきこり」「勇気のないライオン」 ……あれがあれなんだろうな考えるだけで面白かった。勤め先の制服が水色と白だったり、レンガの道、気球、マンチキンも出てきたし。(友好的じゃなかったけど、水という単語だ出てくるとドキッとする)
映像は綺麗だったし、CGは違和感なく見れたが、魔獣と翼のある猿?とこの二つのは動きがぎこちなく浮いていて見ていて辛かった。ストーリーも後半、何をやっているかわからなくなってついていけなかった。ちょっと、急ぎすぎな気がする。
出演者は豪華で言う事なしでした。





姉・アズカデリアが迫力不足なのが残念。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。