ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミラーズ
感じる。その奥に秘められた存在を


映画「ミラーズ」感想


同僚を誤って射殺し、停職処分になって以来、アルコールにおぼれ、妻のエイミー(ポーラ・パットン)や子どもからも見放されている元警官のベン(キーファー・サザーランド)。妹アンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに寝泊りする彼は、火災に遭ったデパートの夜警の仕事中、鏡に触れたことから不可解な現象に襲われ始める。





久しぶりのスプラッターものでした。
面白かったです
「鏡」というホラーには欠かせないツールが
この映画ではメインになっています


物語の柱は
エシカーとは?鏡の目的とは?の謎解きなのですが
ストーリーはシンプルでそんなに込み合っていないくて面倒くさくなくていいです。
映像の方に集中できました。
適度に怖いし。
うん、適度にだね、後半が全然怖くないから。
後半もっとおどろおどろしくして!
でも、ラストは好きです。
初めの方がゾワゾワ感があって良かった。
主人公の妹の殺され方は良かったですね
顎を失っただけで死ねるのかどうかはわかりませんが
いやー、グロテスクです。

主人公がアルコールを断つために薬をやっているのですが
妻や妹からはストレスやそれでおかしくなっているのではと言われるのですが
憔悴している感じは出ているのですが
私としてはもっと追い込んで欲しかった。

車の中でパニックになるシーンは
何をしているかよくわからなかった。



同僚を誤射して精神的に不安定なベンに銃を持たすなよ
見ていてそっちの方がドキドキしたよ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。