ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀色のシーズン
この冬は《雪猿》たちがアツくする!!


映画「銀色のシーズン」感想

モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リーダー格の銀を中心に、ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。
ある日、町の名物、雪の教会で挙式を挙げるため、一人の女性が訪れる。スキー好きの婚約者と違って雪を見るのも初めての彼女は、ゲレンデでも転んでばかり。雪山で一儲けを狙う銀は、彼女にスキーのコーチを買って出る。しかし、彼女には秘密があった。








俳優が嫌いなわけではありません
瑛太、田中麗奈、田中要次、杉本哲太、國村準、玉山鉄二、青木崇高…
個性派、実力派が揃ってますよね
アクションシーンも酷くない。
いや、むしろいいです。
ただ、私が興味ないだけで…

やっぱり、ストーリーだよね
中途半端な気がする。
主軸は銀(瑛太)の再生物語でそれに麗奈ちゃんの結婚式、厄介者二人、町おこしにこだわる大人たち…などエピソードが絡むんですが・・・・よく絡まっていない気がして・・・最後には訳がわからないが銀が立ち直ったからハッピーエンドみたいになっているけど・・・他のエピソード放り投げているような気がして納得がいかないですね。


最近よくある、あれですか、悪ふざけ映画?
ノリがいいとか?いやいや
ただ、軽薄なだけに見える。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。