ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーン・アフター・リーディング
映画「バーン・アフター・リーディング」感想


あらすじ↓
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。
そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で……。


バーンアフタ2

ブラッド・ピットが最高です。
お馬鹿演技が超はまっている!!
もう、踊っている姿とか鼻血とか……可愛すぎる!!

デビュー当時は男前過ぎるから、普通の役じゃなくて汚れ役を進んでやっている感じだったブラピ
最近「オーシャンズ」や「トロイ」のニ前目の役をやっているのはファンとしてうれしかったのですが
お馬鹿さん役もいいよねって再認識。
流石!!


もう、バカ、バカ、バカ!!

どれをとってもバカっぽい!!


でも、ブラピの最後には笑えなかったわ……



それと内容なんだけど、
普段からミーハーな見方しか出来ない私だから
内容はあんまり、笑えませんでした。
どこで、笑えばいいか…。
コーエン兄弟の笑いは
私みたいなものには理解できないのかもしれない。

人それぞれだけど…。

クルーニー作のあの椅子とか超引いた。
勿論
ブラピの最後の笑顔にも


バーンアフタ1

ティルダは相変わらず綺麗で冷たい感じが好きです。



「何を学んだ?」

「わかりません」

「私もだよ、二度とごめんだ

この最後のやり取り、私も同感、
ブラピは良かったが、もう、二度とごめんだ。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。