ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9+1
映画「9+1」感想

あらすじ↓
同じオーディションで最終審査に残ったことのある9人の女たち。1年後に彼女たちが再び呼び寄せられた理由は?そしてあの日、失踪した女性はどこに行ったのか?


DVDにて鑑賞

第1にこの映画は見る予定にありませんでした
レンタル屋さんの手違いかわかりませんが、本来借りるハズだったDVD(韓流ホラー)の中身がコレだったのでした。苦情は後にしてせっかくだし見ることにしました。はじまってすぐに「はずれ」だと思いました。B級でもないです。愛すべきところもないので。これ、劇場公開したのですか??
え!?本当に??


映像は顔のドアップとか固定カメラかってくらい工夫のない退屈なものでした。朝になってから別のシーンも出てきたけれど酷い演出だ。

女優さんたちもあまりいいものとは言えない。
棒読みのセリフ(メイキングで棒読みの注意を受けていたが直ってないよ)滑舌も悪く何を言っているのかわからない。巻き戻して聞き直すから元々悪いテンポは悪化する一方
そんなにも可愛くない。

脚本も酷い。
とても才能があるとは思えないナミに嫉妬する少女達という設定はとても飲み込めるものではありませんし、少女達のキャラクターが浅く覚えられない。その他、理解できないストーリー展開。ほぼ密室劇(演者×演出×)なのだから、ストーリーくらいはよくないと…飽きます。つーか見れたもんじゃない。


ネタバレ

になるのかな??ラストのナミについてはありきたり
というより、そういうのは演技力のある役者だからできる役であって
素人がしても、何の面白みもないと思うのだが

朝になって森の中を歩いている少女6人を枝切りバサミで追いかけるというシーンがあるが、バラバラに逃げた女の子たちを次々と殺害していくとは、かなりパワフルですね



ホラー映画を観るつもりがサスペンスを見る事になったが
こんなDVDが入っているなんて…震えがとまりません。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。