ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロウィン(2007)
映画「ハロウィン」感想


あらすじ↓
友人もなく、家庭でも愛されず、孤独に苦しみ続けた少年マイケルはハロウィンの夜、不気味なマスクを被って、赤ん坊の妹だけを残し、母親の恋人、姉、そしてそのボーイフレンドを惨殺してしまう。その夜からマイケルは厳重警備の精神病院に収容され、小児行動学者ルーミス医師の治療を受ける事になる。彼がマイケルの魔性を理解できる唯一の人物だったのだ。そして17年後のハロウィン―成長したマイケルが精神病院を脱出する…。




2007年 米
監督 ロブ・ゾンビ

夏だし、怖いのが見たいなって事で
DVD借りてきました。

リメイクの映画らしいけど
元になったのは見ていません

面白かったです
あらすじで書かれている部分まで

マイケル少年が怖いのです
あの表情!眼!上手いし、冷たい。

もう、不気味ですよ
不気味なんだけど…荒んだ、荒れ放題の生活の中赤ちゃん妹(ママにも)に対してだけ心を開いているのがちょっと切ない気がしてくる。完璧モンスターじゃないのがいいですね。


ラストのほうは、まぁ、ありきたりな気がして
あまり、怖くなかったです。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。