ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
処刑山
映画「処刑山」感想



これは、また、新しいタイプのゾンビですね


あらすじ↓
雪と氷とヴァイキングの国、ノルウェイから”ノルディックホラー”が本邦初登場!ナチスゾムビの虐殺戮劇!

海に行けばよかった・・・



とにかくスゲーっす
臓物が、ゾンビの臓物って丈夫なんですねって感心致したしだいです。
あんなこと普通思いつかないです。
崖から落ちるシーンで臓物で助かるなんて、
やっぱり、もと軍隊にいたからなのか武器の扱い方がわかっているようで
ばったばったとゾンビをなぎ倒していきます。
なんだか笑えます。
…手榴弾って何処にあったんでしょうね??
マシンガンはあんまり役に立っていないようでしたが
それに、ゾンビもカメラっていう物をよく理解しているように思われます。
四肢を引きちぎるシーンでは、よーく見えるように皆さんいい配置考えて見せつけてくださいました。
ありがとうございます。
チェーンソー(だったかな?)で手を取るシーンは驚きでした。
股間までは切り落とせなかったようなのですね。
あ、ゾンビ叫びました。
あれ、木にぶつかっただけで臓物が出てる…そこまでして…臓物を出したいようですね
もう、面白くてしょうがなかったです。

ゾンビ映画で笑って楽しみたい方にお勧めです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。