ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーン・アルティメイタム
彼が記憶を取り戻す時
 最後通告が下される







映画「ボーン・アルティメイタム」感想



CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。そんな彼の写真がイギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。失った秘密の鍵を見つけるため秘密裏にロスへと接触を図るボーン。だが、ロスはすでにCIAによってマークされていて……。


bo-n1



「ボーン・スプレマシー」を見たときは面白いけど「ボーン・アイデンティティ」には敵わない。というのが感想。それほどに「ボーン・アイデンティティ」は衝撃的で好きな作品です。



アクションシーンは3作通じてとてもいいです。
今作でもとってもスピーディで3作目ともなれば
ダレテ、クダクダなモンだったらどうしようとか
心配していたわけですが、要らぬ心配でした。
最高でした
CIAが見張る中での駅での頭脳戦はハラハラしどうしだった。
我慢し切れなかった記者がまた緊張感を煽るのですよ!

タンジールでの追いかけっこも結構長かったのにもかかわらず
最後まで集中力を途切れさせることなく見たのは素晴らしいです。
屋根から屋根へ飛び回りとことか
入り組んだ街中で下から上からと視線を変えて映し出されるシーンは
面白かったです。
プロ同士の格闘戦が今回もありましたね
ありがとうございます!

ボーンはタフだねェ…

CIAに忍び込むシーンは痛快

それに次ぐカーチェイスシーンは
キュルキュル、キュルキュルの連続でしたねェ
車が横転してからのボーンの復活がまた早い。

タフだねェ

bo-n2


ラストの川の中に飛び込み浮かんでくるシーンは
画面のニッキー同様
ニヤリとしてしまった。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。