ただ映画が好きなだけのモノです
詳しい事はわかりません、ただ、映画好きなんです。 軽く感想かいてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンダーワールド ビギンズ
映画「アンダーワールド:ビギンズ」




はるか昔、吸血鬼族であるヴァンパイアは狼男族であるライカンを奴隷としていた。その時代には、女処刑人セリーン(ケイト・ベッキンセイル)とうり二つの女性戦士ソーニャ(ローナ・ミトラ)の姿があった。彼女はヴァンパイア一族の長老(ビル・ナイ)の娘だったが、ライカンのルシアン(マイケル・シーン)と道ならぬ恋に落ち……。




「犬どもを殺せ!」

1作目から通しいいと思ったところはやはり、映像世界の雰囲気だろうか
最高に好きですね。
ちょっと暗すぎって言うのもあるけれど
ダークでゴシックな感じがたまらなく好きです。

あと、ケイトベッキンセール。
今回は出なかったですね
主役がほぼマイケルシーンだから??かな。

最後の戦いのシーンでビクターが出陣するところなんですが
飛び降りるシーンは最高。
1作目から飛び降りシーンは大好きですね。




一番ダメダメだったなと思うのはソーニャ演じるローナ・ミトラ 。
大根?何、クールな演技?
死ぬ間際になってまでクールに決めなくてもいいわ。
磔にされても顔は綺麗なまんまだし
表情も崩れないときたもんだ
そんなんじゃ、マイケルの演技が浮くわよ

ソーニャのおかげで悲恋モノとしては失敗した感じになった。
それ以前にストーリーとして恋愛パートがほとんど無い
上に全然甘い雰囲気が出ていないので
ルシアンとソーニャは恋人同士設定すら忘れてしまいそうでした。

けれど
マイケルシーンの方のライカンが檻から抜け出すシーンなど
「ライカンの反乱」の部分は結構面白かったですね。


ビクターの極悪非道っぷりがいいよね
1作目もよろしかったけど今回も重厚な雰囲気がたまりませんね
「ラブ・アクチュアリー」の売れない歌手も
「パイレーツオブカリビアン」のタコさんも面白かったけど
シリアスな役どころもいいです。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。